石原新菜の温め美人プログラム2020年6月 | "着る岩盤浴" BSファイン 公式通販サイト - 加茂繊維
お電話でのご注文 お電話でのご注文
  • HOME>
  • 温め美人プログラム
<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up

薄着、冷房での冷えバテ対策方法とは?

気温と湿度が上がって蒸し蒸しする季節になってきました。
暑くなってくると、どうしても服装は薄着になり、冷たい飲み物をたくさん飲んだり、冷房の中で過ごす時間も多くなります。
そうすると、内臓が冷えやすくなって、胃腸の働きが落ちてしまい、食欲が出ない、胃もたれがする、便秘や下痢などの症状が出たり、浮腫みやすくなったりします。現代の夏バテの症状は、内臓が冷えることによる「冷えバテ」が原因です。
冷房をつけないと熱中症の危険がありますので、日中も寝ているときも、冷房はつけたままでいいですので、冷房の環境にいるときは冷えない工夫をすることが大切です。冷気は下に降りてくるので、足元を冷やさないように靴下やレッグウォーマーを履く、パジャマは春秋用の薄手の長袖長ズボンにする、冷房の中では温かいものを飲むなど、冷房の中では冷やさないことを意識して現代の夏バテ=冷えバテにならないようにしましょう!!

教えて!石原新菜先生!

Q&A

Q1.梅雨になると体調が優れないことが多いです。おすすめの対策方法はありますか?

A.水毒が原因と漢方では考えます。余分な水分を溜め込まないことが大切です。

梅雨時期になると、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、むくみ、気分の落ち込みを訴える人が多いです。これは湿気が多いと体内に余分な水分が溜まることによって起こる水毒(水も毒になる)が原因と漢方では考えます。呼気や皮膚から水分の蒸発・排泄がうまくいかなくなるのが原因です。
体の余分な水分を排泄することが大事なので、ウォーキングなど適度な運動をして汗をかくこと、それから無理して沢山水分を摂らないこと(喉が渇いた分は摂っても問題ないですが、熱中症の予防のために頑張ってたくさん飲むのも実はよくないんです)。利尿を促すために、生姜紅茶(冷たくてもOK)、キュウリ、スイカ、小豆などの食材がオススメです。

Q2. 天候が良くない日が続いて室内にこもることが増えます。リフレッシュ法はありませんか?

A.「気の流れを良くする」ということを心がけてください。

これは「気」の流れが滞るために起こります。気の流れをよくすれば改善されます。
気の流れをよくするためには、まずは「血」の流れをよくすることが大事です。
皆さんも体験したことがあると思いますが、運動をしなきゃ!と思っていても億劫でなかなか実行できないですが、いやいや運動をしてみたら「あー、スッキリした!運動をしてよかった!」という感覚ありますよね?これは運動をしたことで、滞っていた「気」の流れがよくなって、気分もスッキリしたのです。

ですので、家の中でできる簡単な運動やストレッチがオススメです。テレビやDVDを見ながらできるものでもいいですね。そのほかには、ゆっくり湯船につかることも気の流れをよくしてくれます。

食べ物でしたら、生姜、シソの葉、シナモンは漢方で気剤といって、気の流れをよくしてくれます。

Q3. 最近、冷房を使い始めました。この時期から冷房をつける上で気をつけるべきことはありますか?

A.A. 体を冷やしすぎないように気をつけてください。

外が暑くなってくると、どうしても冷房が必要になりますね。冷房を我慢するのも熱中症の危険性が高まるので、無理することはありません。冷房の環境にいる時は、体を冷やさないように気を付けるといいです。
例えば、靴下を履く、カーディガンを羽織る、腹巻きをする、ひざ掛けを使う、温かいものを飲むなど。
寝るときに冷房を使う場合は、春秋用の薄手の長袖長ズボンのパジャマにする、掛け布団も春秋用のものにすると冷えないです。
また冷房をつけるときは、扇風機やサーキュレーターなどを使って、部屋の中で風を流す(対流)させると、冷房の温度が高めでも涼しく感じます。

先生プロフィール

石原 新菜いしはら にいな

医師・イシハラクリニック副院長

1980年長崎県生まれ。帝京大学病院での研修医を経て、現在、父である石原結實(ゆうみ)院長のクリニックに勤務。東洋医学、自然療法、食事療法により、様々な病気の治療にあたっている。日本内科学会会員/日本東洋医学会会員/日本温泉気候物理医学会会員

温め美人プログラム一覧

  • 在宅ストレス解消法

    Q1. 今新型コロナウイルスが流行していますが、この時期に免疫力を高めるのに効果的な方法はありますか?

    A. 規則正しい生活を!腸内環境を整え…

    続きを読む >>
  • しっかり保温して元気に冬を乗り越える!

    Q1. 花粉症で困っています。何か対策はありますか?

    A. 漢方薬を飲むなら、小青竜湯(しょうせ…

    続きを読む >>
  • 忘年会や新年会での暴飲暴食で免疫力が低下する?!

    Q1. 冬の大敵「インフルエンザ」にかからないためにできる予防はありますか?

    A. 基本は手洗いとうがい、人混みの中での…

    続きを読む >>
  • 秋バテで疲れが取れない、食欲がない、眠れないなどの症状の解消方法とは

    Q1. 秋の夜長を快適に過ごす為に、誰でも簡単にできる事はありますか?

    A. 頭寒足熱スタイルを意識することがポイ…

    続きを読む >>
  • 昔の夏バテの原因は「暑さ」、現在は「冷え」!冷えバテ対策をご紹介

    Q1. 年代別で暑い日を健康に過ごすために注意することがありますか?

    A. 体力が少ない小さな子どもやお年寄りは…

    続きを読む >>
  • 5月病にならないための連休の過ごし方をご紹介

    Q1. 足がパンパンにむくみます。むくまないには何をしたらいいでしょうか。

    A. 隙間時間を見つけて、つま先立ち運動を…

    続きを読む >>
  • 冬はヒートショックに要注意 冬の健康管理のポイントとは?

    Q2. 冬は肌が乾燥してカサカサになります。どうしたら治りますか?

    A. 保湿するのはもちろんですが、体の血行…

    続きを読む >>
  • 朝晩が冷え込む秋の体調管理におすすめのスタイルをご紹介

    Q1. 運動が苦手な人でも手軽にできるおすすめの運動はありますか?

    A. 一番簡単に続けられるのは、やはり…

    続きを読む >>
  • 夏の体調管理で気をつけるべきポイントを解説します!

    Q1. 暑い日を健康に過ごすために注意することはありますか?

    A. こまめな水分補給と帽子や日傘の活躍が…

    続きを読む >>
  • 暑熱順化を知っていますか?春先から夏にかけての熱中症対策について解説!

    Q1. 梅雨の時期におすすめの梅雨冷え対策はありますか?

    A. いかに余分な水分を溜めないかがポイン…

    続きを読む >>
  • 他の記事をもっと見る