石原新菜の温め美人プログラム2018年11月 | "着る岩盤浴" BSファイン 公式通販サイト - 加茂繊維
お電話でのご注文 お電話でのご注文
  • HOME>
  • 温め美人プログラム
<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up <医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up

冬はヒートショックに要注意!

ヒートショックという言葉を聞いたことがあると思います。実は冬に起こるヒートショックで亡くなる方は、夏に熱中症で亡くなる方よりも、はるかに多く、1万4000人くらいと言われています。
それは家の中の温度差が原因です。居間は暖房などで温かいですが、廊下やトイレ、洗面所、脱衣所は極端に冷えます。
例えば、お風呂に入る際、脱衣所は冷えているので血管が収縮して血圧が上がりますが、湯船に浸かると今度は血管が拡張して血圧が下がります。この血圧の変動が短時間に何回も起こることが心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの危険性を高めているのです。また夜間頻尿がある方も注意が必要です。お布団の中は33度くらい、寝室の温度は18度くらい、廊下は10度、トイレは8度くらいになっていることが多いのですが、夜間頻尿のために何度も気温の変化にさらされることで何度も血圧の変動が起きてヒートショックの危険性を高めているのです。家中を同じ温度に保つことは難しいと思いますが、ヒートショックの予防のために、お風呂に入る前は、せめて脱衣所を暖かくしておく、夜中トイレに行くときは面倒臭くても、スリッパを履いたり、ガウンなど羽織って「寒い!」と思わないように工夫をすることが大切です。
家の中の急激な温度差に気をつけてください!

教えて!石原新菜先生!

Q&A

Q1. 冬の大敵「インフルエンザ」にかからないためにできる予防はありますか?

A.日頃から免疫力を上げておくことが大切です。

 手洗いうがい、人混みの中ではマスクをする、適度な運動、バランスのとれた食事、睡眠はもちろんですが、体を温めることが大切です。毎日必ず湯船にゆっくりとつかる、腹巻き、頭寒足熱スタイルなど冷えないように心がけるとよいです。
またインフルエンザウイルスは、気温が低く乾燥している環境を好むので、お部屋の中を室温20度以上、湿度50%くらいを保つようにするとよいです。またお茶や紅茶でのうがいや生姜を日頃から摂るようにするとさらに良いです。

Q2. 冬は肌が乾燥してカサカサになります。どうしたら治りますか?

A.保湿するのはもちろんですが、体の血行をよくすることも大切です。

冬は空気が乾燥するのでどうしてもお肌もカサカサになります。保湿クリームなどで保湿するのはもちろんですが、体の血行をよくすることも大切です。なぜなら、血行が悪いとお肌の隅々にまで栄養や酸素、水分が十分に届かくなり、乾燥が悪化してしまいます。毎日湯船につかること、腹巻きをすること、ウオーキングやスクワットなどの運動も血行がよくなりますので、おすすめです。また冬は空気が乾燥するので、室内を加湿するとよいです。
薬局などに売っている紫雲膏という漢方のぬり薬もおすすめです。血行をよくする当帰や紫根などが入っているので肌荒れやあかぎれ、しもやけ、肌の乾燥に効果が期待できます。

Q3. 防寒するためのおすすめの重ね着方法やアイテムはありますか?

A.分厚い洋服を重ね着するよりも、体に合った下着を着ることが大切です。

下着を1枚着るか着ないかで体感温度が1度違うと言われています。
それから頭寒足熱スタイルを意識すること。下半身を重点的に温めると、全身の血行がよくなります。
腹巻きはもちろん、スパッツ、レギンス、レッグウォーマー、靴下、ひざ掛け。
上半身はのぼせやすくなるので、カーディガンなど脱ぎ着しやすいもので調節すると良いです。

先生プロフィール

石原 新菜いしはら にいな

医師・イシハラクリニック副院長

1980年長崎県生まれ。帝京大学病院での研修医を経て、現在、父である石原結實(ゆうみ)院長のクリニックに勤務。東洋医学、自然療法、食事療法により、様々な病気の治療にあたっている。日本内科学会会員/日本東洋医学会会員/日本温泉気候物理医学会会員

温め美人プログラム一覧

  • 忘年会や新年会での暴飲暴食で免疫力が低下する?!

    Q1. 冬の大敵「インフルエンザ」にかからないためにできる予防はありますか?

    A. 基本は手洗いとうがい、人混みの中での…

    続きを読む >>
  • 秋バテで疲れが取れない、食欲がない、眠れないなどの症状の解消方法とは

    Q1. 秋の夜長を快適に過ごす為に、誰でも簡単にできる事はありますか?

    A. 頭寒足熱スタイルを意識することがポイ…

    続きを読む >>
  • 昔の夏バテの原因は「暑さ」、現在は「冷え」!冷えバテ対策をご紹介

    Q1. 年代別で暑い日を健康に過ごすために注意することがありますか?

    A. 体力が少ない小さな子どもやお年寄りは…

    続きを読む >>
  • 5月病にならないための連休の過ごし方をご紹介

    Q1. 足がパンパンにむくみます。むくまないには何をしたらいいでしょうか。

    A. 隙間時間を見つけて、つま先立ち運動を…

    続きを読む >>
  • 朝晩が冷え込む秋の体調管理におすすめのスタイルをご紹介

    Q1. 運動が苦手な人でも手軽にできるおすすめの運動はありますか?

    A. 一番簡単に続けられるのは、やはり…

    続きを読む >>
  • 夏の体調管理で気をつけるべきポイントを解説します!

    Q1. 暑い日を健康に過ごすために注意することはありますか?

    A. こまめな水分補給と帽子や日傘の活躍が…

    続きを読む >>
  • 暑熱順化を知っていますか?春先から夏にかけての熱中症対策について解説!

    Q1. 梅雨の時期におすすめの梅雨冷え対策はありますか?

    A. いかに余分な水分を溜めないかがポイン…

    続きを読む >>