石原新菜の温め美人プログラム2020年4月 | "着る岩盤浴" BSファイン 公式通販サイト - 加茂繊維
お電話でのご注文 お電話でのご注文
  • HOME>
  • 温め美人プログラム
<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up

在宅ストレス解消法

五月病は新入生や新入社員が新しい環境の変化に適応できずに起こる精神的な症状のことを言います。4月になり仕事や学校、転居などで環境が変わり、最初のうちは張り切っていたものの、5月の連休明け頃からなんとなく気分が落ち込む、仕事に集中できない、眠れないという症状が多くなります。
今回は、新型コロナウイルスの影響により、働き方をはじめテレワークなどで生活のリズムが変化した方が多くおられます。
こうした環境や生活リズムの変化が心身に与える影響は少なくありません。
うまくいっている方がいる一方、在宅ストレスという状況に陥っている方もいます。
五月病とは違いますが、どちらも環境に適応するためにストレスを上手く発散して、精神の安定を図ることが大切な対策になります。
気分転換のために、人が少ない場所や時間帯を探してウオーキングやランニングなどの軽い有酸素運動をする、自宅でDVDを見ながらできる運動や趣味を探すことなどがオススメです。またストレッチやヨガ、アロマ、瞑想など、今までなかなかできなかったヒーリング法を取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

教えて!石原新菜先生!

Q&A

Q1.今新型コロナウイルスが流行していますが、この時期に免疫力を高めるのに効果的な方法はありますか?

A.規則正しい生活を!腸内環境を整える食生活も意識しましょう。

適度な運動、睡眠時間をしっかりと取る、湯船につかって体の芯から温まる、食べすぎないでバランスの良い食事が基本になります。
食事は、腸内環境を良くするために納豆や味噌、ヨーグルトなどの発酵食品、食物繊維たっぷりでビタミン・ミネラルの多い野菜や果物を摂ることが大事です。
生姜や、にんにく、ネギ、玉ねぎなどの免疫力を上げる食材も意識して摂るとよいでしょう。

Q2. お腹を冷やしてはいけないと聞いたことはありますが、冷えているかどうかがよくわかりません。確かめ方や改善方法はありますか?

A.まずは直接素手で触ってみてください。

お腹が冷えているか確かめる方法は、実際に手でお腹を触ってみること。
お腹が冷たければ、全身も冷えている!と考えてよいです。
漢方では、お腹を「お中」と書いて体の中心だと考え、体の中心が冷えていれば全身冷えていると考えます。
腸は最大の免疫器官と言われ、全身の免疫細胞の約7割が腸に存在しています。
お腹が冷えていると、免疫力も低下してしまいますので、腹巻きをして、できるだけ温かいものを摂るようにするとより効果的です。

Q3. この時期に湯冷めしてしまうことが多いです。春先の入浴で気をつけるべきことはありますか?

A.お風呂から出たあと、薄手にならないこと!保温効果のあるアイテムを身に着けてみてください。

湯冷めしてしまうということは、湯船から出たあとにそのまま薄着でいることが原因だと思います。春は、日中はポカポカ陽気で薄着でもいれますが、朝晩はまだまだ気温が低いことが多いです。
春は油断しがちですが冷えやすい季節なので、お風呂から出たあとは薄着せずに、腹巻きと靴下、レッグウォーマーなどで、下半身をしっかり温めて冷えないようにしてくださいね。
どんな時も頭寒足熱を意識することがとても大切です。

先生プロフィール

石原 新菜いしはら にいな

医師・イシハラクリニック副院長

1980年長崎県生まれ。帝京大学病院での研修医を経て、現在、父である石原結實(ゆうみ)院長のクリニックに勤務。東洋医学、自然療法、食事療法により、様々な病気の治療にあたっている。日本内科学会会員/日本東洋医学会会員/日本温泉気候物理医学会会員

温め美人プログラム一覧

  • しっかり保温して元気に冬を乗り越える!

    Q1. 花粉症で困っています。何か対策はありますか?

    A. 漢方薬を飲むなら、小青竜湯(しょうせ…

    続きを読む >>
  • 忘年会や新年会での暴飲暴食で免疫力が低下する?!

    Q1. 冬の大敵「インフルエンザ」にかからないためにできる予防はありますか?

    A. 基本は手洗いとうがい、人混みの中での…

    続きを読む >>
  • 秋バテで疲れが取れない、食欲がない、眠れないなどの症状の解消方法とは

    Q1. 秋の夜長を快適に過ごす為に、誰でも簡単にできる事はありますか?

    A. 頭寒足熱スタイルを意識することがポイ…

    続きを読む >>
  • 昔の夏バテの原因は「暑さ」、現在は「冷え」!冷えバテ対策をご紹介

    Q1. 年代別で暑い日を健康に過ごすために注意することがありますか?

    A. 体力が少ない小さな子どもやお年寄りは…

    続きを読む >>
  • 5月病にならないための連休の過ごし方をご紹介

    Q1. 足がパンパンにむくみます。むくまないには何をしたらいいでしょうか。

    A. 隙間時間を見つけて、つま先立ち運動を…

    続きを読む >>
  • 冬はヒートショックに要注意 冬の健康管理のポイントとは?

    Q2. 冬は肌が乾燥してカサカサになります。どうしたら治りますか?

    A. 保湿するのはもちろんですが、体の血行…

    続きを読む >>
  • 朝晩が冷え込む秋の体調管理におすすめのスタイルをご紹介

    Q1. 運動が苦手な人でも手軽にできるおすすめの運動はありますか?

    A. 一番簡単に続けられるのは、やはり…

    続きを読む >>
  • 夏の体調管理で気をつけるべきポイントを解説します!

    Q1. 暑い日を健康に過ごすために注意することはありますか?

    A. こまめな水分補給と帽子や日傘の活躍が…

    続きを読む >>
  • 暑熱順化を知っていますか?春先から夏にかけての熱中症対策について解説!

    Q1. 梅雨の時期におすすめの梅雨冷え対策はありますか?

    A. いかに余分な水分を溜めないかがポイン…

    続きを読む >>
  • 他の記事をもっと見る