夏こそキャンペーン開催中!!

着る岩盤浴 BSFINE 着る岩盤浴 BSFINE

  • HOME>
  • 温め美人プログラム
<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up<医師・イシハラクリニック副院長> 石原新菜先生 温め美人 プログラム Warm up

季節の変わり目に注意!春の体調管理のポイントをご紹介

もうじき春がやってきますね。

季節の変わり目は寒暖差もあり、
体調を崩しやすい時期でもあります。
特に春先は冷え込む日もありますので、
しっかり対策をして、身体を温めることが大切です!

今回は、そうした冬のお悩みにお役立ていただける対策方法を
石原新菜先生に教えていただきました。

教えて!石原新菜先生!

Q&A

Q1. 今年は暖冬と言われていますが、暖冬によって生じる生活面のメリット・デメリットはありますか?

A.メリットは冷え込みが少ないこと、デメリットは薄着になってしまうことです。

メリットは、冷え込みが少ないので、手足の冷え、霜焼け、しびれ、腰痛、肩こりなどの冷えによる辛い症状が少ないことです。
デメリットとしては、暖冬だと思ってつい気がゆるみ、薄着になってしまうことです。
いくら暖冬といっても、春先は冷え込む日もあるので、腹巻きやレッグウォーマーなどを着用し、お腹と下半身を冷やさないように気をつけることが大事です!
また外出の際には「プラス1枚」を意識して、ストールや膝かけなどを持参すると良いです。

Q2. 季節の変わり目で肌が荒れやすく困っています。生活の中で取り入れると良い方法はありますか?

A.睡眠をしっかりとる、お風呂にゆっくり浸かるなど自律神経を整えることを心がけることが大事です!

季節の変わり目、特に春は肌トラブルが出やすい季節です。
気温や気圧の変化によって自律神経が乱れることが原因なので、睡眠をしっかりとる、お風呂にゆっくり浸かるなど自律神経を整えることを心がけることが大事です!
春はまだ寒い日もあるので、身体を冷やさないように腹巻きなどをすると良いです。
また腸内環境を整えることも大事ですので、お腹をしっかり温め、発酵食品を意識して摂ると良いでしょう。

Q3. 花粉症対策に取り入れると良い食事や生活習慣を教えてください。

A.腹巻き等でお腹を温め、腸内環境を整えることが大事です。

花粉症などのアレルギー症状は免疫バランスの乱れが原因なので、腹巻き等でお腹を温め、腸内環境を整えることが大事です。
納豆、味噌、お漬物、甘酒、ヨーグルトなどの発酵食品、善玉菌のエサになる食物繊維などを摂ると特に良いです。
マスクや空気清浄機などの花粉対策もしっかりと行うと良いですね!
どうしても症状が辛い場合は、漢方薬やアレルギーを抑えるお薬もあるので、病院を受診することも良いでしょう。

Q4. 三寒四温の時期に意識すると良い体調管理方法はなんでしょう?

A.外出するときは冷え対策グッズを 「プラス1枚」を持っていくことを心がけてください。

寒暖差で体調を崩しやすくなるので、腹巻きや湯船に必ず浸かるなど身体を温める習慣は続けながら、外出をするときは上着やストール、ひざ掛けなどの冷え対策グッズを「プラス1枚」を持っていくことを心がけてください。
とにかく身体を冷やさないことが大事です!!温かくても冷え対策をしっかりしてください!

先生プロフィール

石原 新菜いしはら にいな

医師・イシハラクリニック副院長

1980年長崎県生まれ。帝京大学病院での研修医を経て、現在、父である石原結實(ゆうみ)院長のクリニックに勤務。東洋医学、自然療法、食事療法により、様々な病気の治療にあたっている。日本内科学会会員/日本東洋医学会会員/日本温泉気候物理医学会会員

温め美人プログラム一覧

  • 寒さの厳しい冬の過ごし方

    2023年1・2月号

    Q1. 寒い冬は外で身体を動かすのがつらく運動不足気味になります。何かいい対策はありますか?

    A. 家の中でできる運動として、スクワットやもも上げ、つま先立ち運動があります。

    続きを読む >>
  • 暦の上ではもう夏になりました!

    2023年6・7月号

    Q1. 寒暖差で体調を崩さないために必要な食べ物はありますか?

    A. 体を温めてくれる生姜がおすすめです。

    続きを読む >>
  • すっかり春になりました!

    2023年4・5月号

    Q1. 「春バテ」という言葉がありますが、何かいい対策はありますか?

    A. 湯船にゆっくりとつかって身体の芯から温まることです。

    続きを読む >>
  • 秋は一年で最も過ごしやすい季節です。

    2022年12月/2023年1月号

    Q1. 手の乾燥が気になります、ハンドクリーム以外で、できる対策は何かありますか?

    A. 毎回、石鹸でゴシゴシと洗わないようにすること。

    続きを読む >>
  • 秋は一年で最も過ごしやすい季節です。

    2022年10月・11月号

    Q1. 夏の残りのだるさを早めに解消するには、何をしたらよいですか?

    A. 大事なのは、自律神経を整えることです。

    続きを読む >>
  • 今年の夏!猛暑に負けない過ごし方

    2022年8月・9月号

    Q1. 注意したい自宅の中での熱中症対策

    A. 冷房の設定温度ではなく室温が...

    続きを読む >>
  • 「本格的な暑さ」に負けない過ごし方

    2022年6月・7月号

    Q1. 運動すると汗をかき冷房の中で身体が凍えるほど冷えて体調を崩してしまいます。どんな対策がありますか?

    A. 運動をして汗をかくことは...

    続きを読む >>
  • 春の訪れ、まだまだ続く寒暖差

    2022年4月・5月号

    Q1. なぜ寒くなると関節が痛むのか?また対策方法

    A. 血流が悪くなるからです。...

    続きを読む >>
  • 2月4日から立春です。

    2022年2月・3月号

    Q1. 寒い日は、朝起きると目の下のクマや顔色が悪く心配されます。短時間でできる効果的なフェイスマッサージを教えて下さい。

    A. 血行が悪くなると、顔色が...

    続きを読む >>
  • 厳しい寒さに負けない温活

    2021年12・2022年1月号

    Q1. 一年中腹巻きの習慣が大切ですが、冬場はどんな特徴の腹巻きがいいのか教えて頂きたいです。

    A. 冬は特に冷える季節なので...

    続きを読む >>
  • 寒暖差の多い秋こそ徹底した冷え対策

    2021年10・11月号

    Q1. 秋の季節寒暖差がある中で身体のどの部分をどのように温めたらいいのか教えて頂きたいです。

    A. 秋は朝晩冷え込んでくる季節です...

    続きを読む >>
  • 「本格的な暑さ」に負けない過ごし方

    2021年8・9月号

    Q1. 運動すると汗をかき冷房の中で身体が凍えるほど冷えて体調を崩してしまいます。どんな対策がありますか?

    A. 運動をして汗をかくことはとて...

    続きを読む >>
  • 心身ともに優れない“梅雨”との上手な付き合い方

    2021年6・7月号

    Q1. 梅雨になると頭痛や関節痛が激しくなります。対策方法はありますか?

    A. 湿気が多くなると痛みがでるのは...

    続きを読む >>
  • 春到来!身体も心もいきいきと暮らす秘訣

    2021年4・5月号

    Q1. 朝夕の寒暖差が激しく、寝つきが悪くなります。何かいい方法はありますか?

    A. まずは湯船にしっかり浸かって、身...

    続きを読む >>
  • 冬の乾燥と花粉症対策

    2021年2・3月号

    Q1. 部屋の湿度調整をしても、朝起きると喉がイガイガします。何か対策はありますか?

    A. 快適な室内の温度と湿度は「温度が...

    続きを読む >>
  • 年末年始に備えた「冷え対策」

    2020年12月・2021年1月号

    Q1. 年末年始はどうしても食べるものが偏りがちです。取り入れるべき食材はありますか?

    A. 食事が偏ってしまうと腸内環境が悪くな...

    続きを読む >>
  • 忘年会や新年会での暴飲暴食で免疫力が低下する?!

    2019年12月・2020年1月号

    Q1. 冬の大敵「インフルエンザ」にかからないためにできる予防はありますか?

    A. 基本は手洗いとうがい、人混みの中での…

    続きを読む >>
  • 秋バテで疲れが取れない、食欲がない、眠れないなどの症状の解消方法とは

    2019年10・11月号

    Q1. 秋の夜長を快適に過ごす為に、誰でも簡単にできる事はありますか?

    A. 頭寒足熱スタイルを意識することがポイ…

    続きを読む >>
  • 昔の夏バテの原因は「暑さ」、現在は「冷え」!冷えバテ対策をご紹介

    2019年8・9月号

    Q1. 年代別で暑い日を健康に過ごすために注意することがありますか?

    A. 体力が少ない小さな子どもやお年寄りは…

    続きを読む >>
  • 5月病にならないための連休の過ごし方をご紹介

    2019年4・5月号

    Q1. 足がパンパンにむくみます。むくまないには何をしたらいいでしょうか。

    A. 隙間時間を見つけて、つま先立ち運動を…

    続きを読む >>
  • 冬はヒートショックに要注意 冬の健康管理のポイントとは?

    2018年11月号

    Q2. 冬は肌が乾燥してカサカサになります。どうしたら治りますか?

    A. 保湿するのはもちろんですが、体の血行…

    続きを読む >>
  • 朝晩が冷え込む秋の体調管理におすすめのスタイルをご紹介

    2018年10月号

    Q1. 運動が苦手な人でも手軽にできるおすすめの運動はありますか?

    A. 一番簡単に続けられるのは、やはり…

    続きを読む >>
  • 夏の体調管理で気をつけるべきポイントを解説します!

    2018年9月号

    Q1. 暑い日を健康に過ごすために注意することはありますか?

    A. こまめな水分補給と帽子や日傘の活躍が…

    続きを読む >>
  • 暑熱順化を知っていますか?春先から夏にかけての熱中症対策について解説!

    2018年6・7月号

    Q1. 梅雨の時期におすすめの梅雨冷え対策はありますか?

    A. いかに余分な水分を溜めないかがポイン…

    続きを読む >>
  • 他の記事をもっと見る

2ma8logo